研究内容の詳細
最近の研究活動の紹介
修士論文・博士論文
学生の研究紹介

 気象災害の原因となる台風・豪雨・暴風など異常気象現象の構造とその発生・発達機構を解明するため,衛星データや気象データの解析・数値モデリングなどの手法を用いた研究を進めています。また,異常気象の背景となる領域スケールの大気環境変動やアジアモンスーンの変動の研究,将来気候での異常気象発現特性の研究も進めています。最近の研究課題を以下に示します。

  • 台風の発生,発達,温帯低気圧化の機構とこれに伴う災害の研究
  • 豪雨,竜巻,突風などの積乱雲に伴うメソ異常気象とこれによる災害の研究
  • 大気境界層過程と,大気陸面および大気海洋相互作用の研究
  • 大気,海洋/波浪,地表,都市キャノピー等のモデルを統合した異常気象予測モデルの開発
  • 領域スケールでの暴風雨現象の環境場やアジアモンスーン変動の解析
  • 将来の温暖気候条件での暴風雨現象の解析とモデリング