専門分野

気象学が専門で、特にメソスケールの気象現象をターゲットにして、理学、工学、環境、防災といったさまざまな視点から、現地観測・観測データの分析・数値シミュレーション解析・数値モデリングなど多彩な手段で研究を進めています。大気の乱流の物理機構とモデリング、集中豪雨や突風といった局地気象災害のダイナミクスの解明と予測、積雲対流の現地観測と気象シミュレーション解析、都市ヒートアイランド化による局地気象(風や雨)の変遷過程の解析と将来予測や都市計画への応用、東アジア域で発生する黄砂の越境輸送の問題、といったわたしたちに身近な大気環境の問題について取り組んでいきます。理学部地球物理学科で気象学を専攻し、工学部の地球環境に関する学際的な専攻に所属して研究領域を広げ、さらに理工学融合の環境系の専攻でさらに新しい研究領域にチャレンジしてきました。そしてさらに、防災や環境をキーワードにしながら、理学・工学の連携による気象災害・気象環境に係わる諸問題に取り組み、境界領域の研究分野を開拓していきます。

研究テーマ
竹見哲也のホームに戻る