Division of Atmospheric and Hydrospheric Disasters Disaster Prevention Research Institute Kyoto University
京都大学 防災研究所 気象・水象災害研究部門 暴風雨・気象環境研究分野

Extreme Rainfall Events in 2017 and 2018 / 2017年・2018年の豪雨イベント

日本気象学会 気象集誌(JMSJ)特集号・SOLA特別号

2018年7月に発生した豪雨(平成30年7月豪雨)では、台風7号や前線活動により、西日本を中心に全国の広い範囲に及んで記録的な大雨が発生し、各地で洪水・氾濫・土砂流出が引き起こされ、200名を超える犠牲者が生じるという近年では最悪の災害となった。さらに、豪雨の後には記録的な猛暑となり、異常気象が続いた。また、1年前の2017年7月には、九州北部を中心に豪雨が発生し(平成29年7月九州北部豪雨)、長時間持続するメソ降水系により洪水・氾濫・土砂流出・流木により大規模な災害が生じた。これら豪雨を引き起こした主要な現象は、線状降水帯と呼ばれる積乱雲が線状に組織化した対流系である。線状降水帯は、停滞前線や台風に伴ってしばしば発生し、過去の顕著事象を対象とした事例解析はなされているものの、その実態や発生機構、さらにはどういった気象条件のときに発生するかといった点はまだ十分に調べられてはいない。特に、平成30年7月豪雨のような顕著現象の場合には、地球規模からメソスケールまでの様々な時空間スケールの気象場が複雑に絡み合い、様々な規模の気象場の影響を受けて豪雨が発生するものと考えられる。さらに、こういった顕著現象に及ぼす気候変動の影響も無視することはできないであろう。

日本気象学会では、下記の通り、同一テーマ「2017年・2018年の豪雨イベント」での気象集誌(JMSJ)特集号・SOLA特別号への論文投稿を募集いたしますので、ふるってご投稿くださいますようお願いいたします。

Call for Papers/ 論文募集

Call for Papers on "Extreme Rainfall Events in 2017 and 2018" in JMSJ/SOLA

論文募集のお知らせ(日本気象学会HPアナウンス)

  1. 1. テーマ「2017年・2018年の豪雨イベント」

  2. 2018年7月に発生した豪雨(平成30年7月豪雨)では、台風7号や前線活動により、西日本を中心に全国の広い範囲に及んで記録的な大雨が発生し、各地で洪水・氾濫・土砂流出が引き起こされ、200名を超える犠牲者が生じるという近年では最悪の災害となった。さらに、豪雨の後には記録的な猛暑となり、異常気象が続いた。また、1年前の2017年7月には、九州北部を中心に豪雨が発生し(平成29年7月九州北部豪雨)、長時間持続するメソ降水系により洪水・氾濫・土砂流出・流木により大規模な災害が生じた。これら豪雨を引き起こした主要な現象は、線状降水帯と呼ばれる積乱雲が線状に組織化した対流系である。線状降水帯は、停滞前線や台風に伴ってしばしば発生し、過去の顕著事象を対象とした事例解析はなされているものの、その実態や発生機構、さらにはどういった気象条件のときに発生するかといった点はまだ十分に調べられてはいない。特に、平成30年7月豪雨のような顕著現象の場合には、地球規模からメソスケールまでの様々な時空間スケールの気象場が複雑に絡み合い、様々な規模の気象場の影響を受けて豪雨が発生するものと考えられる。さらに、こういった顕著現象に及ぼす気候変動の影響も無視することはできないであろう。本特集号・特別号では、平成30年7月豪雨、平成29年7月九州北部豪雨といった最近の豪雨イベントと関連した異常気象を中心に、豪雨や異常気象の発生要因、線状降水帯などメソ対流系の実態や発生機構、豪雨や異常気象の予測可能性、気候変動の影響といった問題に関連した論文を募集する。

  3. 2. 論文投稿

  4. 以下のオンライン投稿システムから論文投稿お願いします。投稿時に、システム上で特別号「Extreme Rainfall in 2017/2018」を選択してください。また、カバーレターにも本特別号向けの投稿であることを明記してください。

    JMSJ: https://mc.manuscriptcentral.com/jmsj

    SOLA: https://mc.manuscriptcentral.com/sola

    スケジュールは以下の通りです。

    投稿締切:

    1. SOLA:2019年3月31日
    2. JMSJ:2019年8月31日

    出版:

    1. JMSJ:2019年度内:受理論文から順次通常号に掲載し、WEB上で virtual collectionとする。
    2. SOLA:2019年内(Volume 15A)

    特典:

    JMSJとSOLAの合同特別号企画の特典として、論文掲載料Article Processing Charge (APC)の通常額から、JMSJの論文(Article)は5万円、JMSJの要報(Note)は3万円、SOLAの論文(Article)は2万円ずつ減額いたします。

  • 3. 編集委員会の構成

    1. 委員長:
    2. 竹見 哲也(京都大学)

    3. 副委員長:
    4. 佐藤 正樹(東京大学)

      堀之内 武(北海道大学)

      三好 建正(理化学研究所)

    5. 委員:
    6. JMSJおよびSOLA通常号の編集委員会委員

    7. ゲスト編集委員:
    8. 清水 慎吾(防災科学技術研究所)
    9. 清野 直子(気象研究所)
    10. 伊藤 純至(東京大学)
    11. 松本 淳(首都大学東京)
      1. List of Publications in JMSJ and SOLA/ 本特別号・特集号の公開論文

        SOLA

        1. To be published

        JMSJ

        1. To be published

        List of Related Papers / 本テーマ関係論文リスト

        The July 2017 Northern Kyushu Heavy Rainfall / 平成29年7月九州北部豪雨

        1. Kato, R., K. Shimose, and S. Shimizu, 2018: Predictability of precipitation caused by linear precipitation systems during the July 2017 Northern Kyushu Heavy Rainfall Event using a cloud-resolving numerical weather prediction model. J. Disas. Res., Vol. 13, pp. 846-859, doi:10.20965/jdr.2018.p0846
        2. Takemi, T., 2018: Importance of terrain representation in simulating a stationary convective system for the July 2017 Northern Kyushu Heavy Rainfall case. SOLA, Vol. 14, pp. 153-158, doi:10.2151/sola.2018-027

        The July 2018 Heavy Rainfall / 平成30年7月豪雨

        1. Tsuguti, H., N. Seino, H. Kawase, Y. Imada, T. Nakaegawa, and I. Takayabu, 2018: Meteorological overview and mesoscale characteristics of the Heavy Rain Event of July 2018 in Japan. Landslides, in press, doi:10.1007/s10346-018-1098-6
    PAGE TOP