English Version Here !

石川裕彦 ISHIKAWA, Hirohiko)教授、博士(理学)
京都大学防災研究所
気象水象災害研究部門(暴風雨・気象環境分野)
Tel. 0774-38-4159//Fax. 0774-38-4158
E-mail: __ishikawa@storm.dpri.kyoto-u.ac.jp__

京都大学大学院理学研究科協力講座教員(地球惑星科学専攻)


所属学会:日本気象学会 日本自然災害学会 日本原子力学会

経歴/研究歴
 ・ 業績リスト Oct. 10, 2017)

Upper Links
: 研究室、 研究部門防災研究所地球物理学サブ専攻


ガーナ北部のフィヒニ村
June 18, 2014)


Current Research Topics:

・温暖化環境下の最悪クラス台風災害 @ (地球温暖化関連プロジェクト

・ニジェールでの気象観測 @ (グローバルCOE 「極端気象と適応社会の生存科学」

・ナミビアでの気象観測 @ (総合地球環境学研究所「砂漠化をめぐる風と人と土」プロジェクト

・ガーナの気象水文災害と水資源 @ (SATREPS 「アフリカ半乾燥地域における気候・生態系変動の予測・影響評価と統合的レジリエンス強化戦略の構築」


Recent and Forthcoming Publications

 

Shaibu Abdul-Ganiyu, Hirohiko Ishikawa, Thomas Apusiga Adongo, Gordana Kranjac-Berisavljevic, 2017: Integrated Application of Co-compost and Inorganic Fertilizer on Growth and Yield Response of Maize (Zea mays L.) at Different Planting Distances in the Northern Region of Ghana, African Journal of Food and Integrated Agriculture, vol. 1, 30-38. ISSN: 2579 – 0307, http://asofost.org/journals/index.php/ajfia/article/view/29/11.

 

Shaibu Abdul-Ganiyu, Ishikawa Hirohiko, Thomas Apusiga Adongo, Gordana Kranjac-Berisavljevic, 2017: Evaluating Borehole Performance in Tolon and Wa West Districts of Northern Ghana, African Journal of Applied Research, v. 3, n. 2, p. 73-84, oct. 2017. ISSN 2408-7920, http://www.ajaronline.com/index.php/AJAR/article/view/227.

 

Yasuko Okada, Tetsuya Takemi, Hirohiko Ishikawa, Shoji Kusunoki, and Ryo Mizuta, 2017: Future changes in atmospheric conditions for the seasonal evolution of the Baiu as revealed from projected AGCM 2 experiments, Journal of Meteorological Society of Japan, 95, 239-260. DOI:10.2151/jmsj.2017-013, https://www.jstage.jst.go.jp/article/jmsj/95/4/95_2017-013.

 


過去のコンテンツ

・中国静止気象衛星「風雲2C号」によるアジアの実時間災害監視と情報発信(科学研究費ほか)
        
リアルタイム画像1        リアルタイム画像2(奥勇一郎くん作成ページ)
・チベット高原におけるエネルギー水循環の統合観測研究の推進(文部科学省、地球観測システム構築推進プラン)
・日中気象災害協力研究センタープロジェクト(国際協力機構)
広域水循環予測及び対策技術の高度化(人・自然・地球共生プロジェクト、植田洋匡代表)

T0418号通過時の宮島周辺の強風場に関する数値シミュレーション(pdf)
チベット高原における大気陸面相互作用の研究(CEOP)
チベット高原における大気陸面相互作用の研究(GAME)
1999年9月28日、豊橋竜巻
地表面Flux(May 2000, 気象研究所)
台風の楕円眼形成に関する線型論的研究(防衛大学板野稔久さんと)
T9807号による近畿地方の強風の再現計算