堀口 光章 (HORIGUCHI Mitsuaki)   トップページへ戻る→ 


*所属

 京都大学 防災研究所 気象・水象災害研究部門 暴風雨・気象環境研究分野 (助教)

*出身

 名古屋大学 理学部 物理学科
 名古屋大学 大学院理学研究科 大気水圏科学専攻 (理学修士)

*研究テーマ

 ・大気境界層における組織的乱流構造
 ・対流圏自由大気中の拡散機構
 ・都市近郊の気象環境

*研究内容 

 大学院ではレーザー・レーダーやミリ波レーダーなどのリモートセンシング機器を用いて,対流圏中層,上層に位置する層状性の雲における降水形成過程など雲物理学に関する研究を行った。→レーザ・レーダー(名古屋大学にて,撮影していただいた方に感謝)

 防災研究所に移ってからは,以下のような大気境界層に関する研究に取り組むようになっている。

特にここ数年における研究内容(他の研究者と共同)は次の通りである. 

*業績(最近のもの)

植田洋匡・石川裕彦・堀口光章,2001,ヒートアイランドのメカニズムとモデリング.エネルギー・資源,22,No.4,279−285.

植田洋匡・堀口光章,2001,乱流の構造および拡散機構に及ぼす密度成層の効果.日本航空宇宙学会誌,49,No.575,293−299.

堀口光章・林 泰一・植田洋匡,2002,中立成層状態の大気境界層における組織的乱流構造.京都大学防災研究所年報,45,B,347−355.

堀口光章・林 泰一・植田洋匡,2003,中立成層状態の大気境界層における組織的乱流構造(第2報).京都大学防災研究所年報,46,B,469−477.

Ueda,H., T.Fukui and M.Horiguchi, 2003, Eddy Diffusivity and its Stability Dependence in Clear Free Atmosphere Measured by MU Radar System. Proc. Int. Workshop on Physical Modeling of Flow and Dispersion Phenomena, 3-5 Sep. 2003, Prato, Italy.

大橋唯太・寺尾 徹・宮田賢二・田中正昭・堀口光章・林 泰一,2004,局地循環による水蒸気輸送と盆地霧発生の関連性−広島県三次盆地を対象とした数値実験−.天気,51,No.7,509−523.

堀口光章・林 泰一・植田洋匡,2004,信楽における大気境界層乱流の構造の観測.京都大学防災研究所年報,47,B,417−423.

Kawai,H., T.Iwashima, H.Ueda, T.Maruyama, H.Ishikawa, H.Mukougawa, M.Horiguchi, T.Iguchi and T.Araki, 2004, Analysis and Prediction of Anomalous Weather and Atmospheric Hazards. Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., 47, C, 45-54.

Satsumabayashi,H., M.Kawamura, T.Katsuno, K.Futaki, K.Murano, G.R.Carmichael, M.Kajino, M.Horiguchi and H.Ueda, 2004, Effects of Miyake Volcanic Effluents on Airborne Particles and Precipitation in Central Japan. J. Geophys. Res., 109, No.D19, D19202.

堀口光章・林 泰一・植田洋匡,2005,中立に近い安定度における大気境界層乱流の構造―潮岬と信楽における観測―.京都大学防災研究所年報,48,B,515-521.

Kawai,H., T.Iwashima, H.Ueda, T.Maruyama, H.Ishikawa, H.Mukougawa, M.Horiguchi, T.Iguchi and T.Araki, 2005, Analysis and Prediction of Anomalous Weather and Atmospheric Hazards. Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., 48, C, 87-96.

堀口光章,2006,都市近郊における大気境界層の観測,京都大学防災研究所年報,49,B,451-458.

Kawai,H., T.Iwashima, H.Ishikawa, T.Maruyama, H.Mukougawa, M.Horiguchi, T.Iguchi and T.Araki, 2006, Analysis and Prediction of Anomalous Weather and Atmospheric Hazards. Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., 49, C, 81-94.

堀口光章・林泰一・植田洋匡,2007,中立に近い安定度の大気境界層における乱流構造の観測―解析のまとめ―,京都大学防災研究所年報,50,B,455-464.

堀口光章・林泰一・足立アホロ・小野木茂,2008,大気境界層における乱流構造―気象研究所気象観測鉄塔(つくば)による観測―,京都大学防災研究所年報,51,B,449-455.

堀口光章,2009,大気境界層における乱流構造の観測―データ解析についての検討―,京都大学防災研究所年報,52,B,431-437.

堀口光章,林 泰一,足立アホロ,小野木茂,2010,中立に近い大気境界層における組織的乱流構造―気象研究所気象観測鉄塔での観測例―,京都大学防災研究所年報,52 B,329-336.

堀口光章,林 泰一,2010,中立に近い大気境界層における組織的乱流構造―潮岬での観測例―,第21回風工学シンポジウム論文集,13-18.

Horiguchi,M., T.Hayashi, H.Hashiguchi, Y.Ito and H.Ueda, 2010, Observations of Coherent Turbulence Structures in the Near-Neutral Atmospheric Boundary Layer, Boundary-Layer Meteorol., 136, 25-44, doi:10.1007/s10546-010-9500-5.